Call for Speakers

Call for Speakers is closed. Submissions are no longer possible. Sorry.
in 92 days

DroidKaigi 2020

event starts

20 Feb 2020

event ends

21 Feb 2020

location

Gotanda TOC Buildings Tokyo, Japan


English follows Japanese.


DroidKaigiはAndroid技術情報の共有とコミュニケーションを目的とした、エンジニアが主役のAndroidカンファレンスです。


第6回となるDroidKaigi 2020は 2020/2/20(木)、2/21(金)の2日間開催します。


場所 : 東京都品川区西五反田7-22-17 五反田TOCビル 13F


DroidKaigi is a conference tailored for developers organized by developers. Its main focus is to provide developers a place to network and share knowledge with their peers.


Its 6th conference, DroidKaigi 2020, will be held on Feb 20-21, 2020.


Place : Gotanda TOC Buildings 13F, 7-22-17, Nishigotanda, Shinagawa City, Tokyo, Japan

finished 29 days ago
Call for Speakers
CfS opens at 12:00 AM

21 Sep 2019

CfS closes at 11:59 PM

21 Oct 2019

This event is in Tokyo Standard Time time zone.
Closing time in your time zone is .

English follows Japanese.


詳細は 募集要項 をご確認ください。

DroidKaigi 2020 での発表者を募集しています。複数のトピックから適切だと思うトピックを選び、タイトル等を記入の上、ご応募ください。

応募いただいたタイトルと、セッション用氏名等は採択、非採択にかかわらず公開されます。

また投稿内容(プロフィールも含まれます)は締切 [2019/10/21 23:59 日本標準時(+0900)] まで変更可能ですが、締切日を過ぎてからは変更不可になります。


⚠️ 重要: 旅費のサポートについて

DroidKaigiでは本年度から正式に旅費をサポートしはじめました。予算に限りがあることから所属企業の旅費支援がない方に限らせていただいております。


⚠️ 重要: 同時通訳について

一部のセッションを対象に当日の同時通訳を予定しています(日本語から英語, 英語から日本語)。

応募先のフォームにて資料の事前提出に同意頂いたセッションのうち採択されたセッションの中から、同時通訳対象となるセッションを運営によって選定させて頂きます。

対象セッションに選ばれた場合、同時通訳の準備のために、開催2週間前(2020年2月8日頃)迄に登壇資料を提出頂くこととなります。詳細は12月中に連絡を差し上げます。


⚠️ 重要: 投稿件数の上限

1人あたり3件までのセッション投稿を認めます。セッション募集期限を過ぎて1人あたり4件以上のセッション投稿が残っていた場合、該当する応募者のすべてのセッションを落選として扱います。

複数人で登壇を希望する場合、セッションオーナー(セッションの主発表者)が応募数上限の3件を超えないように留意してください。

また、セッション採択は原則として1人あたり1件となります。複数人が登壇するセッション等、考慮すべき事象が発生した場合はこの限りではありません。


応募に当たって以下の3点を満たしていると採択されやすくなります:

  • Android specific: Android 固有であること
  • Expertise: よく知られている情報ではなく、専門性があること
  • Innovation: いままでに可能でなかったことを可能にしていること、革新性があること

過去のセッション応募状況は以下からご覧になれます。


結果発表予定日 : 2019年11月中旬 (予定)

チケット : 採択時はチケット購入無しで参加が可能です。


行動規範 : http://www.association.droidkaigi.jp/code-of-conduct.html


* More information is available at the Call for Speakers page *


DroidKaigi 2020 is currently accepting speaker applications. Please choose a topic from the list below and fill out the form with your talk’s details.


The title of the talk, name of the speaker, and other details of the application will be published regardless of its result.

Re-submissions are accepted until Oct 21st, 2019 23:59 JST(+0900).


⚠️ IMPORTANT: Travel Expenses Support

This year, DroidKaigi will officially provide support for travel expenses. Speakers who do not have travel support from a company they belong to can apply. 


⚠️ IMPORTANT: Simultaneous Interpretation

We are planning to provide simultaneous interpretation for select sessions (Both Japanese to English and English to Japanese).

Sessions will be selected from those who have agreed to submit material early.

If your session is chosen to be interpreted, we ask that you submit your talk material approximately two weeks (around Feb 8th, 2020) before the conference. More information will be provided in December.


⚠️ IMPORTANT: Submission Limits

Each speaker may submit up to three talks. If a speaker has four or more submissions at the time of the deadline, all submissions by the speaker will be rejected.

If your talk has multiple speakers, be sure that the submission count for the owner (the submitter of the talk) does not exceed the submission limit.

As a general rule, no more than one session per speaker will be selected. This may not apply in cases where special consideration is needed (e.g. sessions with multiple speakers).


Applications are more likely to be accepted if they are:

  • Android specific
  • Involves an area of expertise (i.e. not about a subject widely known)
  • Innovative (i.e. about a topic that demonstrates something thought to be impossible or very hard to achieve)

Previous applications can be viewed here:


Result Announcement: Mid-November 2019

Tickets: If selected, you will not need a ticket for admission.


Code of Conduct : http://www.association.droidkaigi.jp/en/code-of-conduct.html


all submitted sessions

publicly listed on this page

event fee

free for speakers

DroidKaigi will officially provide support for travel expenses. Speakers who do not have travel support from a company they belong to can apply.

377 submissions
Submitted sessions
kichiemon
  • ScalaでAndroid開発を行っていたアプリをKotlin移行することを決め、最終的にScalaとKotlinが共存して動いているアプリになった物話
  • New Relicを活用したパフォーマンス計測と改善のコツ
Wataru Mukainakano
  • Android x Firebaseでプロダクトをグロースする方法
Munehiro Ochi
  • Display Cutoutて何?ノッチじゃないの?
  • Notificationの歴史をおさらいして、これからの通知を考察する
Ramona Harrison
  • Building Cross-platform Libraries with Kotlin Multiplatform
  • Getting Started with GraphQL on Android
  • Augmented Reality: Getting Started with ARCore and Sceneform
yiwaisako
  • MotionLayoutでつくるアニメーションの実装
六々 (@496_)
  • テキストを魅せるために知って役立つTextViewのこと
  • アプリの継続開発で見据えるべき過去と未来のコード
Yacine Rezgui
  • Let me show you all the secrets of Android Studio!
  • Jetpack Compose: Let's give a try!
sakatayu
  • リモートビルドのすゝめ
@wdziemia, David Morant
  • Building Internal Libraries to speed up development.
kobaken
  • 宣言的UIで実現する世界
show all submissions
clock_void
  • 学生2人でスタートアップのAndroidアプリを設計・開発・保守・運用している話
Meghan Mehta
  • Get started with Android Auto
  • Building a scavenger hunt using geofences in Kotlin
Alex Brashear
  • Prioritizing Platform Development
chibatching
  • KotlinのDelegated Propertiesを活用してAndroidアプリ開発をもっと便利にする
  • gRPCを用いたAndroidアプリ開発の知見
Miffyfiona
  • 新世代New Retailアプリの作り方
beylerian
  • Taming State with RxReduxK
Hosshan
  • Mastering Analytics
Yuta Takahashi
  • 詳解 WindowInsets
yashims85
  • Androidでの現実的なAtomic Designその運用方法
  • Kotlin/MPPでAndroid, iOSをMPF開発した話
Saiki Iijima
  • 総ざらいMaterialComponents
  • 【初心者歓迎】0からアプリを作るなら
  • The Clean Architecture in Android 〜「く」の字から実装まで〜
sada
  • レガシーコードへの対処法
takasy
  • APKファイルはいかにして作られるのか
Takuya Kodama
  • 既存プロジェクトへのダークテーマ導入
  • 既存巨大プロジェクトでのマルチモジュール化
なかしょ
  • Tizen OS搭載のスマートウォッチとAndroidアプリを連携させてみよう
Naoya Yunoue, kichiemon
  • そのフルスクラッチリニューアルは本当に必要ですか? ~レガシーとの優しい決別~
こやまカニ大好き
  • Androidアプリをいつまでも楽しく開発し続けるための取り組み
ujikawa
  • 横画面フルスクリーンのアプリをリリースする話
  • マイクロインタラクション入門 〜Lottie,RecyclerViewのSnapHelper,SharedElementTransitionを使った小技でアプリをちょっとリッチにする〜
  • SingleActivityパターンとNavigation Architecture Componentを用いて開発効率を上げる
Horie1024
  • 既存プロジェクトへCI/CDをどう導入するか?
  • 実践Room
JB Lorenzo
  • Widget and Integration Testing in Flutter
  • Measure What Matters with Jetpack Benchmark
kafumi
  • Androidアプリ開発に使えるCIサービス総比較 2020年版
  • 自動車とのBluetoothシリアル通信で理解する実践Kotlin Coroutines Flow
tommykw
  • 始めよう!MotionLayout
Lavanya Gaur
  • Firebase MLKit: Machine Learning Made Easy
  • GraphQL with Android; Giving REST a rest!
r_wadada
  • マルチモジュールでのNavigationArchitectureComponentを利用した画面遷移
napplecomputer
  • Soliに対応しよう
DREAMWALKER
  • [2020限定版] 理解しやすいFlutterデザイン。
  • 私がFlutterを使って糖尿病管理アプリを作った物語の全てをお話します。
  • FlutterでBluetoothこれなら難しくない。
shikato
  • アドテクノロジーと標準化
Yasutaka Kawamoto
  • 詳細Retrofit2
mk_mkee
  • Kotlin MPP で見る Android/iOS コード共通化の夢
futabooo
  • Androdアプリのアウトカムを最大化するためのプロジェクトマネジメント
rmakiyama
  • Motion tips for your app
  • 音声処理と仲良くなろう
Kohei Yamamoto
  • オリジナルマップViewの作り方
  • 脱Rxのアプローチ2020
shsato
  • Flutterアプリを1年間運用した感想
itome
  • Flutterのアニメーションをマスターする
  • Androidアプリのアクセシビリティ
Kinnera Priya Putti
  • Epoxy vs RecyclerView: Battle for adapter-based views
安齋祐紀
  • ひたすら人が増えていく開発チームに起こったこと、その改善
  • Flux + StateMachineにリアーキテクチャして複雑な状態を管理する
荒木佑一
  • 動かす
RyoWATANABE
  • Android Engineer Roadmap ~実務経験ゼロのAndroidエンジニアを採用した・された話~
  • Android SOLID ~Android開発者が知っておくべきSOLID原則~
nakker1218
  • ConstraintLayout実践入門
  • ユーザーに優しいTextField入門
tetsukay
  • 詳解adbコマンドリファレンス
Takao Mukai
  • Material Design が通用する世界・通用しない世界
inomata ( @ino2222 )
  • RxJava vs Kotlin コルーチン 〜 あるいはRx開発者から見たKotlinコルーチン入門 〜
ヤタヒロキ
  • GitHub Package Registryを使って、自作のAndroidライブラリを公開する
  • Kotlin Coroutines Flowテスト入門
  • Streamから学んでいくBLoC
litmon
  • 令和に始めるcode generation
maru
  • Flutter x Firebaseでコーヒー注文アプリを開発し、Blocアーキテクチャでリファクタした話。
URI
  • タクシーメーターと私
  • 瀕死のシステムが強くなって復活する話
Yuji Koyano
  • Epoxy詳解 ~宣言的UIで複雑なレイアウトに立ち向かう~
MatsuNao
  • RecyclerView to Epoxy to Jetpack compose
Katsumi Kusumi
  • 今すぐ業務に活かせるNavigation実装方法
nichiyoshi
  • gRPCとSpring Boot(Kotlin)でつくるBFF~Androidエンジニアにとってのメリットって何??~
shanonim
  • 物流を支えるAndroidアプリの作り方
たかし
  • アプリエンジニアがはじめるグロースハック
kazy(Kazuki Yoshida)
  • Dive into (Differed)DeepLink
  • ネットワーク通信の未来とEnvoy Mobileについて
  • KotlinではじめるGradle Plugin
kr9ly(からくり)
  • 実例から理解するRxJava/RxKotlin
  • Fragment+ViewPagerを完全に理解する (ViewPager2もあるよ)
Wasabeef
  • 改めて画像の読み込みについて考える
  • Coroutine's Flow を理解する
Yoshihiro Wada
  • 1から学ぶAndroidアプリデバッグ - アプリの動作を追いかけよう
ken
  • CleanArchitecture x デザインパターンで挑むスムーズな開発
yuyakaido
  • 実践マルチモジュール
  • StorybookでUI開発を効率化しよう
Hiroyuki Mori
  • Understanding Jetpack Compose: 使い方と考え方
  • CameraX In Production: Pros and Cons
  • Modularizing and Refactoring Android App with Clean Architecture
zukkey
  • 今からはじめるDaggerAndroidSupport
  • ユースケースで学ぶNavigation実装パターン
neonankiti
  • Deep Understanding of InheritedWidget
  • Practical WorkManager
takuji31
  • ちょっとだけ古いAndroidアプリを新しい環境に追従する
  • 片手間で始めるDark Theme対応
  • これから始めるKotlin Coroutinesの導入
thagikura
  • Boost your productivity with Android Studio templates and profiling tools
mataku
  • 既存モノリシックアプリケーションの Google Play Instant 対応
m4kvn
  • マルチモジュールと技術選定
thrasher
  • 魅せるAndroidのアニメーションについて
katsummy
  • Flutter Apps Beyond Mobile ~ Flutter is no longer a mobile framework, but a multi-platform framework
shogo.yamada
  • アプリの起動速度を改善する
Kenji Kitamura
  • ダークテーマとフォースダークの使い方とその仕組み
Narihiro Nishimura
  • アプリにおける撮影体験の向上を目指して
wakwak3125, Masatoshi Kubode
  • 組織の生産性を高めるデザインシステム
rock3r, Sebastiano Gottardo
  • What next?
Junya HASEBA
  • Py on the Pie ― AndroidでPythonライブラリを実行する
Eugene Saturov
  • Google Play Instant - life-long refactoring story
  • Almighty Flutter - using platform to the fullest
  • Flutter in action: how to stop considering and hit the road
Moyuru Aizawa
  • Understanding RecyclerView
Yusuke Naka
  • google-webrtcを使って学ぶWebRTCの技術概要
Miyuu Okabe
  • DaggerでDI再入門🤓
外山純生 (sumio_tym)
  • Robolectricの限界を理解してUIテストを高速に実行しよう
kiri
  • FlutterのAdd-to-Appを理解する
  • 実践Widget testing
  • FlutterをRenderObjectまで理解する
soranakk
  • 最高にBADなプロジェクトコードで見る、腐ったプロジェクトの再生方法
queencodemonkey
  • Dissecting Kotlin: Conventions
  • Avoiding Golden Hammers in Kotlin
  • Moving to MotionLayout
aruke
  • Supercharge your App Architecture with Unidirectional Data Flow
Nicolas Roard, thagikura, John Hoford
  • Android Studio Design Tools
Nicolas Roard, John Hoford
  • MotionLayout & Motion Editor
tk-masuda
  • 設計に慣れるための第一歩
konifar
  • How to handle the credit card data on Android / Androidでクレジットカード情報を扱う
shinmiy
  • アプリの閉じ方
Yumi Miyata
  • Flutterのアーキテクチャと設計
服部 智
  • ライブ動画をGoogle Nest Hubで再生する
plavelo
  • Android開発と比べてわかるFlutter
kokiko
  • Android初学者にあなたは何から教えますか?
Vivek Vinodh
  • Refactoring your legacy codebase
morizooo
  • ゼロストレスなアプリを目指して
Tam
  • VPN だけじゃない! VpnService の使い方
Dani Vila Teissiere
  • Enforcing code conventions with Lint.
Ayako Morimoto / @moriiimo, Takako
  • チキン二羽🐣🐣が送る月額課金対応のすべて
Takako
  • Navigationですいすい遷移 🏊🏊
Nozomi Takuma
  • 自動生成でさくさく実装するユニットテスト
consomme
  • ダークテーマに立ち向かう方法
  • モノリシック構造をマルチモジュール化する実践例
Hiroshi Sakurai
  • Flutterのchannelの内部実装と使い方のコツ
Ayako Morimoto / @moriiimo
  • なんとなく後回しになりがちな Android App Bundle と Dynamic Feature Modules に対応する
マヤミト
  • AndroidでgRPCを使う際のtips
@wdziemia
  • The Art of VQA - Pixel Pushing
  • Platform Team: How NYTimes improves development efficiency
Chris Michael
  • Jetpack Compose - A point in time
Dmytro Khmelenko
  • Best of Login experience
Piotr Wittchen
  • Is your app really connected?
  • Brain-Computer Interfaces - Science Fiction or Reality?
KeithYokoma
  • 持続的なアプリ開発のためのDXを支える技術
Bobby Prabowo
  • a friendly ViewState
  • Things that they don't share on an MVI Article ( Quipper Rewrite Story )
Daisuke
  • EnterpriseアプリをManagedConfigurationsに対応させ、Androidデバイス内でエコシステムを構築する方法
樋口 雅拓
  • CI環境の比較検討
Kenta Harada
  • Androidだって音楽アプリが作りたい(M5Stackによる実演付き)
entaku
  • Kotlin Coroutines を利用したAndroid開発への非同期処理の導入
  • 初めての新規アプリ開発をJetPackを用いて爆速で開発する
  • Material Designを利用したAndroid開発へのデザインの導入
Yoshihiro Kobayashi
  • Android x SDLでクルマと繋がる
Ryo Yamazaki
  • How to develop debugging libraries / デバッグライブラリを使うから作るへ
Chris Horner
  • Android UIs: Patterns, Practices, Pitfalls
kafji
  • Kotlin Properties
Kenji Abe
  • 実践 Dynamic Feature Module
  • 詳細LiveData
Keinix
  • Peer-to-peer communications with BLE on Android
daneko
  • Arrowの歩き方
Fuji
  • 広告実装のしんどさとアイデアと成果と
yamacraft
  • Google Playで公開済みアプリのオープンテスト版とリリース(正式)版を並行運用していくための実践ノウハウ
ksfee
  • What we should know to implement shared tests
スルメ
  • 新卒Androidリードエンジニアが新規事業の初回リリースと大型アップデートを支えた話
@akihito104
  • LottieDrawableを一度にたくさんアニメーションさせるためにやったこと
toastkidjp
  • バグと戦う知識
  • Android Dialog 101
  • Android アプリをx.y倍高速化する
@mizutory
  • Interactive Canvasを使ってGUIを持ったActions on Googleを作る
  • Kerasで学習したモデルをTensorFlow Liteを使ってAndroid上で動かしてみよう
Sato Shun
  • System UIをコントロールして、画面を最大限に生かしたアプリを構築する
  • Android Studioのデバッグ機能を使いこなす
Mitchell Tilbrook
  • buildSrc: More than just a shared dependencies
  • MvRx: ViewModels evolved
  • RobotTest - Espresso testing on auto pilot
azukinohiroki
  • Jetpack Composeで宣言的UIに触れてみる
  • AndroidでP2PするならNearbyを使おう
  • HCE(NFC)でiOSと会話してみる
Preethi Srinivas
  • Lessons from the field: Jetpack Compose
colriot
  • Litho: Best Practices for building efficient UI
syarihu
  • Re:ゼロから始めるPlay Billing Library
Kolin Stürt
  • Securing Android Communications and Data-At-Rest
coffeegyunyu
  • ViewPager2で電子書籍アプリを作る
  • 残り15%のユーザーにリーチするためのAccessibility
  • About Android 10 Bluetooth L2CAP Connection-oriented Channel (+α)
くぅ
  • 費用対効果の高いCIを導入するために
Darshan Pania
  • Coding with your hands tied - A session on developing Android Libraries.
Gen Takeda
  • アスリート向けスポーツデバイスを開発して分かったAndroidデバイス開発の旨味と辛み
mochico
  • AndroidアプリへのDesignSystem導入と実践
keidroid
  • Androidでもスナップショットテストをはじめよう
tatsuhama
  • Android アプリを海外でも快適に動作させるための秘訣
hellosunschein
  • Mobile && Me == It's Complicated
ataulm
  • Lucid Theming: a guide to refactoring your themes
rnakano
  • SMS認証の導入と運用
  • Jetpack時代のFragment再入門
HelloFillip
  • Privacy First Machine Learning
Adarsh Fernando, Izabela Orlowska
  • Customize build logic with the latest Android Gradle plugin
Preethi Srinivas, Chris Sinco
  • Coding beautiful UI using Jetpack Compose
  • Design systems for Jetpack Compose
Tiem Song, Nicole Borrelli
  • Cruising Altitude
Nicole Borrelli, Meghan Mehta
  • Zen and the Art of Operator Overloading
Nicole Borrelli
  • Tidying Up with Android
Filip Babić
  • Implementing multi-module dependency injection in Android, with Dagger and Koin
  • Building asynchronous mechanisms in Android applications, using Kotlin Coroutines
yoshida261
  • Androidの挙動でわからないところを調べてみた
Keisuke Kiuchi
  • SOLID原則から学ぶ、設計ビギナーが次のステップに移るための架け橋
Yuki Anzai
  • Master of Dagger
Kaoru Hotate
  • 費用対効果の高いテストコードを書くために考えること
keijumt
  • Clean Architecture 入門
kgmyshin
  • チームで気持ちよく、Androidアプリを開発するための基盤作り
  • 横断組織でのAndroidアプリ開発者の役割
Hendrik Haandrikman
  • Lessons from 5 million Android Builds
Ryo Kato, Ryo Yamazaki, Hiroki Nagayama
  • アプリの検索UXを考える
Bal sikandar
  • Designing Custom Views
  • Become more productive in Android with Android Studio plugins
yagi2
  • 秒間30個のデータを捌くリアルタイムチャートの実装
夕張めろん, Masafumi Nakane, Yukio Nozawa
  • 全盲エンジニアと協力してAndroidアプリを改善した話
ShimizuAsami
  • 運用中アプリにダークテーマを適用してみる
ankushg
  • Powering Worldwide Learning with Kotlin Multiplatform
tsumuchan
  • Epoxy入門
Masatoshi Kubode
  • 実践Jetpack Navigation
  • 既存アプリを徐々にマルチモジュール化する実践方法
Tamaki Hidetsugu / Ralph
  • Androidアプリに潜む脆弱性 ~LINEの場合~
nacatl, Jason
  • Navigation Componentを実戦投入した際の感動、便利さ、そしてつまづき
Naoto Nakazato
  • ダークテーマを気軽に導入してみよう
  • 大規模アプリを形式的にマルチモジュール化する
  • Kotlin Coroutinesの導入方法とハマりやすいポイント
コキチーズ
  • パスワードのない未来のためのFirebaseで実装するFIDO2
HiroYUKI Seto
  • MDCの内部実装から学ぶ 表現力の高いViewの作り方
keiji_ariyama
  • 高くなったハードルをくぐる。2020年のAndroidアプリ開発入門
  • ぼくはただ、Android NNAPIをちゃんと使いたかっただけなんだ…。
Malvin Sutanto
  • Testing as a Culture
  • Managing Multi-Module Project with Gradle Plugin
けいま
  • Androidで再生中の動画やカメラプレビューにリアルタイムで加工を施す方法
yoppie
  • Navigation Architecture Componentを利用した画面遷移の実践的な実装方法
Mario Bodemann
  • Luigi's Mansion of Legacy Code
Nosaka Shintaro
  • FirebaseでつくるサーバレスAndroidアプリの開発
maKunugi N/A
  • Androidで音声合成(TTS)をフル活用するための知識と実践事例
Atsushi Nakamura
  • 世界一わかりやすいClean Architecture
Rohan Maity
  • Fun with Flows and Channels : Advanced Coroutines
  • Komparing Persistence
androhi
  • 一人開発でつまづいた時の処方箋
  • 実践ConstraintLayout
Takuya Banno
  • 今からでもできる!AndroidアプリのTalkBack対応いろは
Subroh Nishikori
  • 走りながら進めるリファクタリング道 -軽減税率にも負けないアプリの作り方とその心構え-
kikuchy
  • プロダクション開発前に知っておきたいFlutterのアプリケーションアーキテクチャ
Kikoso
  • Secure Development for Android: What you always wanted to know and never got to ask
  • Kotlin/Native for Mobile Devs and other stories
  • Diving into Coroutines for Android/JVM
SAMUKEI
  • Androidエンジニアのキャリア一景
Kotaro
  • 必見!Androidアプリ開発を始める前に予習しておきたい技術のチェックリスト
Yukihiro Mori
  • AndroidでFirebase/GCPを使った動画解析
Sebastiano Gottardo
  • Skeletons in the closet — Effective legacy management
  • From managing code dependencies to managing people
Nemo 🍋
  • Open Source Development in Closed Source Organizations
  • App Architecture @Rakuten
Hiromu Tsuruta
  • Scadeを使って「Swift」で始めるAndroidアプリ開発
Kamal
  • Flutter and Accessibility:Why should you care and what can you do to build accessible Flutter Apps.
Kenjiro Ichise
  • ptraceシステムコールから見える世界 Androidアプリでのセキュリティ攻防戦
masaibar
  • アプリのアップデート浸透率を上げろ! ~in-app updatesを実戦投入して見えてきたもの~
Eugen Martynov
  • Continuous Delivery for Android app
Gaurav Bhatnagar, Rohan Kandwal
  • Jetpack Compose - Innovative UI Toolkit for Android Development
  • Making Apps ready for scoped storage coming in Android Q
  • Understanding MLKit offerings in Android & IOS
daasuu
  • CustomView で、思い通りのViewを作ろう
  • MediaCodecで動画編集をしてみよう 2020
@igreenwood
  • How to migrate Camera2 to CameraX
  • 5年前に作られたプロジェクトの非同期処理を最新の技術で置き換えた話
nanbuwks N/A
  • BLE通信アプリを作るハンズオン
  • 中国で Android アプリ開発ワークショップをやってみた
  • Bluetooth IoT デバイスの作り方とアプリの作り方
Siyamed Sınır
  • A Story of Emoji, AndroidX and Text
Seigo Nonaka
  • Deep dive into Android Text
Siyamed Sınır, Seigo Nonaka
  • Text in Android Q and Compose
hkusu
  • Testable ViewModel design
  • Get started with Dependency Injection using KOIN
  • Getting started with UI testing using Firebase Test Lab
kurun
  • Androidアーキテクチャ概要とMediaPlayerの作り方
furusin
  • 定期購入の消費税増税対応でAndroid Billing Libraryに振り回されたお話
  • GoogleアシスタントとAndroid Thingsで介護を少しだけでも楽にしてみた
Romain Guy
  • Easy & Beautiful 3D Graphics
  • The Art of Photography
  • Android Then & Now
Azarashi1229
  • Arrow.ktで学ぶ関数型プログラミングの最初の一歩を
Benoit Quenaudon
  • Wire 3 : gRPCとKotlinの出会い
Junki Mukai
  • AtomicDesign × CustomView × MVVM〜UIモジュールを作ってみた話〜
Andrii Rakhimov
  • The renaissance of testing with Kotlin
  • SELECT * FROM SqlDelight JOIN Multiplatform
  • How to build a messenger for Android?
chigichan24
  • 継続的に機能開発を進めながら行うマルチモジュール化
Nelson Osacky
  • The Secrets of the Build Scan Plugin and the internals of Gradle
  • Dagger Reflect - The circle from runtime to compile time and back to runtime
@fushiroyama
  • Make Your Sensor to Make Sense
  • Free Your Testing from Device Management with Device Farm
  • Amplify Your App with AI/ML using AWS Amplify
Valera
  • E2E2U: Slack’s journey to developer-driven end-to-end testing
Sean Smith
  • Nightmare Mitigation: How to Defend Your Product With a Security Assurance Program
phicdy
  • 今日から始めるBitrise CI/CD
  • Sansan Androidにおける強制ログアウト基盤
koji-1009
  • Migrate to Kotlinとともに考えるアーキテクチャ更新
  • DatabaseViewによる快適なリスト操作の実現方法
  • Android Architecture Components Paging + PagedListAdapter or Groupie or Epoxy
bird_tummy
  • apollo-android を用いて GraphQL を使った Android アプリを作る
  • 既存アプリにデザインガイドラインを適用する方法を過去事例から考える
Andrew Kelly
  • Fun with the new Android Studio MotionLayout Editor
Jitin Sharma
  • Meta-Programming with Kotlin
Martin Petrulak
  • Big rewrite with Kotlin mulplatform
Marcin Moskała
  • Kotlin Not-to-Do List - What we should avoid doing in Kotlin
  • Efficient Kotlin
Luca Nicoletti
  • Porting a Design System into Jetpack Compose
  • MVI with Jetpack Compose
kumanomi
  • Flutter Europeの振り返り
  • Flutter未経験者がFlutterアプリを引き継ぐことになった話
Jumpei Matsuda
  • A Journey of Application Distribution
riggaroo, ataulm
  • Terrific Typesetting: Fonts, Emoji and all things text ✍🏾
kirimin
  • 2020年のAndroid案件で活躍するための知の高速道路
Yusuke
  • Android Studio40分集中超絶技巧2020
  • Android Studio Transcendental Techniques
Artur Badretdinov
  • Digital Nomad. Pros and cons
  • Contacts Framework and phones formatting. My contact in China is no my contact
  • UI profiling in examples. Where is my bottleneck?
takusemba
  • Customize ExoPlayer
OHMAE Ryosuke
  • 俺が今までやらかした失敗事例、やらかしそうになったヒヤリハット事例を紹介する
  • Android TVでタッチ操作を実現するUIイベント制御のテクニック
tatocaster
  • Defensive Programming x FinTech
meteor
  • Androidのメモリ管理について詳しくなろう
  • Androidでスクリーン配信をする技術
rock3r
  • Ktor to your heart’s content: easy mobile backends in Kotlin
kuluna
  • Data Bindingのイロハ
Romi Chandra, Kunal Dawn
  • The Era of Mobile GPUs - Android’s perspective.
riggaroo
  • Let's Draw! ✏️ Using the Android Canvas to build custom components
Ben Oberkfell
  • Prototyping with Jetpack Compose
Michael Pardo
  • Multiplatform Functional Architecture with Oolong
Marcos Placona
  • I just hacked your app!
  • 🚀 Jetpacks for you and I 🚀
Matt Perzel
  • Building and optimizing an App in Xamarin
Cristian Serje
  • Interacting with the Blockchain via Android
Andrea Falcone
  • Your first AOSP contribution
haru067
  • AndroidアプリとUnityアプリの統合、連携、運用
  • 通話アプリの作り方
Hazem Saleh
  • Effective Unit Tests for Android Kotlin Apps
  • Building iOS and Android Mobile App in 30 minutes using Flutter!
Karan Balkar
  • Integrating Google Assistant for Continuous Integration (CI)
lilypuchi
  • Configure your build for good
cafonsomota
  • The Hitchhikers Guide Through Kotlin Multiplatform
aosa4054
  • Heading for Multi Window
qsona
  • Android アプリアーキテクチャ再考: 大局を俯瞰し適切な設計を導く
Kaustav Jaiswal
  • Exploring JetPack Compose: A Sneak peek into the future of Android UI
Damian Burke
  • Inverting the Dependency — Independent Features in Android Applications
  • Navigation in Modular Applications with Deep Linking
Salih Guler
  • Effective App Architecture and State Management in Flutter
  • How to add Flutter to your existing app
ritou
  • OpenID Connectを用いた「ネイティブアプリへのソーシャルログイン導入」のための基本設計とUX
Julien Salvi
  • Please Draw Me a Sheep... in AR
  • Game Development with Unity from an Android Point of View
Chandra Sekhar Nayak
  • Sneaking inside Kotlin features