Yuji Masaoka

Yuji Masaoka

Recruit Co., Ltd.

April 2015: joined a company of System Integrator in Tokyo, Japan.Engaged in the development of in-house products related to database utilities.
May 2019: joined Recruit Technologies, Co., Ltd. Participated in the operation and development team of a corporate information portal used by major Recruit Group companies.
April 2020: transferred to Recruit Co., Ltd.

Yuji Masaoka

株式会社リクルート

2015年4月: 東京都内のSIerに入社。データベースユーティリティ関連の自社製品開発に従事。
2019年5月: 株式会社リクルートテクノロジーズ入社。リクルートグループの主要企業が利用する社内ポータルの運営・開発チームに参加。
2020年4月: 株式会社リクルートに転籍。

Current sessions

Leveraging Azure's serverless technology to get access logs for SharePoint Online Classic sites EN JA

The team I work for operates and develops a corporate information portal.
The Enterprise Information Portal is running on SharePoint 2013 and due to the EOSL of the system, a migration to SharePoint Online is being considered. At that time, the leader presented a request for SharePoint Online to capture and store access logs in the same way as the current system. This was something that SharePoint Online's audit logging feature couldn't replace
To answer that request, I actually leveraged Azure's serverless technology to build a new (relatively) low-budget access logging architecture. In the session, we will discuss its architecture.


Azureのサーバーレス技術を活用してSharePoint Online クラシックサイトのアクセスログを取得する EN JA

私が所属するチームでは、企業情報ポータルの運用・開発を行っています。
企業情報ポータルはSharePoint 2013上で稼働しており、システムのEOSL化により、SharePoint Onlineへの移行が検討されていました。その際にリーダーから、SharePoint Onlineでも現行システムと同じようにアクセスログを取得して保存してほしいという要望が提示されました。これは、SharePoint Onlineの監査ログ機能では代替できないものでした。
その要望に応えるべく、実際にAzureのサーバーレス技術を活用して、新しい(比較的)低予算のアクセスログ取得のアーキテクチャを構築しました。セッションでは、そのアーキテクチャについてお話します。